「訪れた場所」日本科学未来館(東京都)
kouさん(27歳)による旅の体験談です。

東京のお台場にある科学館です。
ゆりかもめにのり、船の科学館駅かテレコムセンター駅で降り、歩いて5分かからない場所にあります。
海風が強いので、冬の寒い時期は防寒をしっかりした方がいいかと思います。
入館料は大人が610円、18歳以下の子供は210円とかなりお安い施設です!
企画展がある場合にはこの金額にプラス別途料金がかかるようです。
また、こちらの施設にはプラネタリウムのようなドーム型の3Dシアターがあるのですが、こちらも別途料金がかかります。
大人は300円、子供は100円です。

施設に入ってすぐロッカーがあるので、まずは荷物などを預けることをお勧めします。
館内は広く、遊べるようなものもいくつかあるので、邪魔になるようなものは預けてください。
確か、入れたお金は戻ってくるようなタイプのロッカーだった記憶があります。

こちらの施設はいくつかのゾーンごとに分かれていて、それぞれのフロアがかなり広いです。
まず、一階には大きな地球儀が天井からぶら下がっているのを下から寝ころびながら楽しめるフロアになっていました。
絨毯とベンチのようなものがあり、ごろんと横になって上を観ているお客さんがたくさんいました。
室内なのに、宇宙を眺めているような気持でした!
上の階へ行くにはエレベーターを使用します。
3階でチケットを提示するようになっていました。
どこのフロアか忘れてしまいましたが、CMに出ていたリアルなロボットがいました!
ロボットというより、アンドロイドという方が合っていると思いますが、本当に人間そっくりな見た目をしたロボットが何体化ありました。
定期的に動いている様子も見ることができるようです。
また、二足歩行のロボットとして有名なASIMOもこちらの施設にいました!
こちらも、一日のうちに動いているところを見れる時間帯が定期的にあるようです。
ちょうど行ったときに、見ることができました。
本当になめらかな動きをしていて、片足ジャンプや、カニ歩き、手話をしながら歌ったり、いろいろな動作を簡単にしていて驚きました。
このロボットたちを見るだけでも、こちらに伺うといいと思います!

他の展示しているものも、実際に自分で動かしたりするものも多くて、勉強しながらも楽しめ、また最先端の機械に触れることができてしまいます!
全然科学に興味のない人でも、かなり楽しめるようになっている施設でした。