「訪れた場所」宮島(広島県)
あるぱかさん(23歳)による旅の体験談です。

先日、彼と宮島に行ってきました。

宮島は初めてでしたがとてもいい旅行となりました。
家族で行く人もいれば、カップルで行く人もいれば、団体で行く人もいれば、とさまざまでした。
2月の寒い中でも観光客はたくさんいました。

宮島旅行で感じた「良かったこと・残念だったこと」をお教えします。

まず、良かったこととして
・フェリー
・蠣
・厳島神社
この3つがあげられます。

宮島へ行くには、フェリーに乗ります。
普段、電車とバスしか利用しない私にとっては非日常といった感じで、
テンション高めで旅行が始まりました。

宮島へ着くと、お店がたくさんありました。
多くのお店が、蠣やもみじまんじゅう、しゃもじのお店でした。

昼食は、定食屋に入り、蠣丼を食べました。
ボリュームたっぷりで美味しかったです。
そこからまた歩いていくと厳島神社に着きました。

厳島神社の鳥居は海の中にあるので、とても幻想的でした。
写真スポットで観光客が並んで写真を撮っていました。
行く日によっては、潮がひいていて鳥居まで歩ける時もあるそうです。

宮島には水族館も最近できたみたいですが、今回は行きませんでした。

さて、それでは残念だったことをお教えします。
それは「鹿」です。

宮島には鹿がたくさんいますが、見ている分にはとても可愛いです。
人間慣れしているので一緒に写真を撮ってくれたり、撫でても落ち着いていたり、と可愛い鹿はいいのですが…

中にはお腹がすいていて、観光客の紙袋や食べ物を狙っている鹿もいます。
私が目撃したのは、紙袋をむしゃむしゃ食べたり、写真を撮っている隙を狙ってカバンに食べ物がないかさぐっていた鹿です。
あの光景には驚きました。
「私たちじゃなくて良かったね。」などと彼と言っていましたが、もしあれが自分のカバンだったとしたら最悪の旅行となっていたことでしょう。
それともうひとつ。
鹿の糞が大量に落ちているのが気になりました。
小石かと思ったら全部糞でした。
まあ仕方がないと言ったらそうなのですが。

帰りは、ちょっと違うルートを通りお土産を買ったり、揚げもみじを食べたりして帰りました。
帰りのフェリーでは外へ出て海を見ました。
海と近くて良い気持ちになりました。
少々寒かったですが。
宮島は歩くので、夏はちょっと暑いかもしれませんので春、秋をおすすめします。
ぜひ行ってみてください。