「訪れた場所」河口湖(山梨県)
ゆうかさん(35歳)による旅の体験談です。

冬に花火が見れるところが少ないので、ネットで調べて家族と河口湖へ行くことになりました。
昼間は富士急ハイランドで遊び、夜は河口湖の湖畔周辺のホテルへ宿泊。
この冬の時期1月から毎週末河口湖は冬花火をしているらしく、それが目当てでした。
実は、夏にも湖上祭という花火大会がありますが、もの凄く人が多い!
一度だけ行きましたが、その時は湖畔のホテルが高かったので離れたホテルから歩きで行きました。
そのイメージがあったので、今回は湖畔に宿泊しました。
土日の夜八時からの打ち上げ花火。
まず思ったことは凄く寒いという事!
避暑地は冬の寒さも更にといった感じで防寒対策が甘かったですね。
夏場の花火大会と違い、そんなに混雑している様子もなく、出店もありません。
まあ、毎週しているわけですからこんなものなのか?という印象を受けました。
楽しみにしていた分少しテンションも下がりましたが、夕飯を済ませ湖畔へ移動することに。
ホテルからも見えそうでしたが、近くに大きな木もありましたし、周りが明るいと見えずらい気もしたので人が多い方へ数分ですが歩きました。
八時になり打ち上げ花火が上がると一気にテンションはマックスへ!
初めて見たんです!冬の花火を!
こんなに綺麗に見えるんだと感動しました。
寒さも完全に忘れて、所々からあがる歓声に交じっていました。
時間は八時からの20分間で、ほぼ真上に上がる花火は首が痛くなるほどです。
こんなに近くで見たのも初めてですし、冬の綺麗な花火も初めて!
子供達も大喜びで満足している様でしたね。
聞くところによると、冬は空気が澄んでいるので、夏場より綺麗に見えるそうです。
寒さは辛いですが、まだ見たことがない人は絶対に見た方がいいです!
2月23日(富士山の日)が最終日になりますが、毎年冬に行われているらしいです。
花火も迫力ありますし、20分間は結構長い方ですよね。
こんな花火が毎週見れる周辺の人が羨ましかったです!